Really Right Stuff PG-02

今回はReally Right Stuff PG-02を詳しくリサーチしたいと思います。PG-02はReally Right Stuff社のパノ・ジンバル雲台で、パノラマ撮影と望遠撮影に特化した雲台です。ウインバリーヘッドなどとは違い各パーツが分解式で、可搬性に優れているのが特徴です。

 男子は合体ロボが好きなものです。Really Right Stuffのジンバル雲台PG-02はそんな少年心を揺さぶってくれる機材です。

f:id:arcaswiss:20180323091919j:plain

もう見ているだけで興奮します。

f:id:arcaswiss:20180323092032j:plain

f:id:arcaswiss:20180323092046j:plain

セッティングは上の通り。本体の合計重量はかなり大きく重いものの、各部分が独立していますので、可搬性に優れています。一体型の剛性に負けないほど、ひとつひとつが強く作られていますので、安価な分解式ジンバル雲台のような弱さは一切感じません。それどころかウインバリーヘッドと比べても全く遜色はありません。

f:id:arcaswiss:20180323092621j:plain

f:id:arcaswiss:20180323092638j:plain

Really Right Stuffとレンズコート社から専用ジンバルケースが発売されています。特にレンズコート社の物は、便利な取手が付いており、中にはマジックテープで止められたロール状のポーチが収納されています。PG-02とFG-02どちらも収納可能です。

f:id:arcaswiss:20180323092838j:plain

Really Right Stuffのジンバルケースは出し入れしやすいですが、嵩張るのが難点です。ただし凄く格好良くて満足度は高いと思います。

f:id:arcaswiss:20180323093010j:plain

PG-02は滑らかな動画を撮影することが可能で、本格的なパノラマ撮影も可能です。望遠レンズで動体を追いかけるのも得意ですし、超大玉を指一本で操作できます。重過ぎず軽過ぎず、適度なフリクションが掛かっているのが、PG-02の魅力です。

上の画像のようにクランプ付きマクロレール等を付ければ、本格的なパノラマ撮影を楽しめます。詳しくはこちらからご覧下さい。

blogs.yahoo.co.jp



f:id:arcaswiss:20180323093135j:plain

 

このように前後上下のバランスが吊り合うように合わせる事で、指一本で大きな機材をコントロールする事が可能となります。またこのような状態で適切なフリクションが掛けられているため、動画の撮影にも適しています。

f:id:arcaswiss:20180323093946j:plain

このReally Right StuffのPG-02のアーム上部には3/8インチ雌ねじが空いていますので、ここに止めネジを入れれば小型〜中型自由雲台を装着できます。これにより省スペースで2台体制撮影が可能となります。

 

ここまでベタ褒めしてきたPG-02ですが、欠点がない訳ではありません。重量が重く大きい事と、パンの固定力が弱い事。特に最初はパンの固定力の弱さが凄く気になりました。ただこの雲台の思想設計として、パンの固定力はあまり必要ないという結論に達しました。もちろん固定力が無いよりはある方が良いに決まっていますので、今後の製品では改善してほしいなと思います。

f:id:arcaswiss:20180323094346j:plain

 

パノラマ専用雲台やジンバル専用雲台に負けない性能を有していますので、少々価格は高いですが、満足度の高い製品だと思います。