アルカスイスC -1 CUBE GP

今回はアルカスイスC1 CUBE GPを詳しくリサーチしたいと思います。C-1 CUBE GPはアルカスイス社のギア雲台の中でもっとも最上位モデルC1 CUBEがリニューアルされた最新のモデルです。四角い箱状のフォルムで、ゴニオステージのような構造が特徴です。

 
主な機構はC1 CUBEと変わっていないので、以下のリンクより過去の記事をご参照下さい。

arcaswiss.hatenablog.com

変更点は上部のパノラミック部分だけです。従来は粗動のみでしたが今回のリニューアルにより、微動が追加されました。このリニューアルに伴い、これまでのティアドロップ型のパンノブからスライドレバー式のパンロックへ変更されました。この変更は非常に歓迎すべき点で、特に俯瞰撮影時にパン操作がしやすくなりました。

f:id:arcaswiss:20171230162225j:plain

クランプ下にある細長いノブが微動ノブです。こちらを回転させる事でパンの微動が可能となります。

f:id:arcaswiss:20171230162534j:plain

パノラミックアダプターを外して確認したところ、d4GPと同じです。

f:id:arcaswiss:20171230162603j:plain一台一台手作りなのでしょう。パノラミック台には位置合わせのマーク跡が残っています。

雲台としての操作性はP0 Hybridやd4GPの方が優れていますが、CUBEは使っていて楽しい雲台です。この楽しさのためだけに月給を吹き飛ばす覚悟がある方のみにオススメします。

 

f:id:arcaswiss:20171230162741j:plain

操作性はC1 CUBEから特に変わっていません。前後左右30度ずつ微動によるティルトが可能となっています。

f:id:arcaswiss:20171230162813j:plain

前後のティルトのみ64度までの粗動が可能となっています。30度の微動と組み合わせて、94度まで傾けることができ、これにより俯瞰撮影や真上の撮影が出来ます。

 

とても良い雲台で気に入っていますが、お勧めできるか?と問われれば微妙です。ギア雲台としての操作性はP0ハイブリッドやd4 GPの方が上回っています。趣味製が高い製品ですから、どうしてもコレが良い!と思った方以外は慎重に選ばれた方が良いと思います。


以下、動画です。

www.youtube.com

 

以下、ギャラリーです。

f:id:arcaswiss:20171230162916j:plain

f:id:arcaswiss:20171230162932j:plain

f:id:arcaswiss:20171230162946j:plain

f:id:arcaswiss:20171230163810j:plain

f:id:arcaswiss:20171230163827j:plain

f:id:arcaswiss:20171230163842j:plain

f:id:arcaswiss:20171230163858j:plain

f:id:arcaswiss:20171230163920j:plain

f:id:arcaswiss:20171230163940j:plain

f:id:arcaswiss:20171230164014j:plain

f:id:arcaswiss:20171230164046j:plain

f:id:arcaswiss:20171230164112j:plain