Really Right Stuff TVC-34L

記事としては3ヶ月も書いていませんでした。今回はReally Right Stuffのカーボン三脚「TVC-34L」をご紹介したいと思います。TVC-34Lは私の三脚仲間界隈でもっとも人気の高いモデルです。

 

f:id:arcaswiss:20170822185510j:plain

初めて持った時に「見た目以上に軽いな」と思いました。これはGitzoの時の感想とは真逆です。良いとか悪いという意味ではなく、そう感じたというだけです。実際の重さは2146gです。トップチューブのパイプ径が36.65mmとGitzoの4型相当ですから、近い所ではGT4542LSが2310g。しかもTVC-34Lは高さが1746mmであるのに対して、GT4542LSは1565mmです。これは随分軽い訳です。

ただ三脚は軽ければ良いと言う物ではありません。むしろ私の過去のテスト結果では、ブレに対して重さは撮影結果に非常に大きな影響を及ぼす事が分かっています。背が高く軽いのですから、風等の影響は大きくなる事は想定しておいた方が良いでしょう。

f:id:arcaswiss:20170822185737j:plain

カーボンの柄は非常に特徴的でギラついています。上の画像の通り、Gitzoと比べると一目瞭然ですね。超広角で脚をギリギリに設置してもカンカン照りの日だと、照り返しによる映り込みを心配するレベルです。この辺の好みは分かれるかもしれません。

f:id:arcaswiss:20170822185927j:plain

プラットフォームはGitzoよりもコンパクトです。水準器の精度も良く、仕上げも文句がありません。

f:id:arcaswiss:20170822192110j:plain

もちろんレベリングベースやセンターポール等、各種アクセサリーに交換可能です。

f:id:arcaswiss:20170822185959j:plain

1段階開脚。

f:id:arcaswiss:20170822190042j:plain

グラウンドレベル。開脚セレクターの動作はGitzoよりも心地良いです。

f:id:arcaswiss:20170822190122j:plain

残念な点はプラットフォームです。工具が無いと交換できないという点。これはGitzoの方が圧倒的に便利です。特に私は頻繁に交換するタイプですので、これはかなりツラいです。Really Right Stuffの工具を付けておけば良いのですが、時に邪魔になる場合もあるので。私にとって、ここは大きな減点です。

f:id:arcaswiss:20170822190233j:plain

六角が1/8インチというのもツラいです。アメリカの製品ですので仕方がありません。

f:id:arcaswiss:20170822190256j:plain

この独特のゴム石突はデザイン的には好きですが、フローリングなどではかなり滑ります。石突はGitzoのノーマル石突に交換してあります。これにより脚の撓み(滑り)は改善します。

f:id:arcaswiss:20170822190930j:plain

blogs.yahoo.co.jp

f:id:arcaswiss:20170822191437j:plain

石突を変える事による弊害もあります。グラウンドレベル開脚をするとロックナットが地面に着いてしまいます。私は別にそれでも構いませんが、気になる方は交換されない方が良いかもしれません。

少し話が逸れますが、付けているストラップはReally Right Stuff純正品ですが、付属品ではありません。RRS 'Pod QD Strap Setというアクセサリーで非常に良く出来た三脚ストラップです。

f:id:arcaswiss:20170822190719j:plain

このような部品を三脚に取り付けるだけで

f:id:arcaswiss:20170822190659j:plain

着脱が可能となります。外す時もボタンを押しながらワンタッチです。実際に使ってみて初めて気付いたのですが、思ったよりもストラップの生地がツルツルしていて滑ります。速写ストラップを兼ねている仕様ですので、長さを調節できるのは便利だと思いました。外国人仕様なのか長過ぎるのも個人的に欠点ですね。

 

次に操作性を見ていきたいと思います。まずはロックナット。クイッと捻って伸ばす際、Gitzoと同じ程度ではちょっと引っかかる感じで、スムーズに伸ばせませんでした。少し多めに捻ればスムーズに伸縮できます。これはカーボン脚の表面がザラザラしている事が原因だと思います。ですので使い込むうちにスルッと出るようになるかどうかは微妙なところです。

f:id:arcaswiss:20170822191603j:plain

TVC-34Lの最大の長所は全高長が高い所ですね。174.6cmもあります。実際には雲台も付きますので、かなり高い位置からの撮影が可能となります。私の身長は172cmなので、靴を履いたらほぼ同じ高さが雲台取り付け位置となります。そのため結構手を伸ばさないとシャッターに届きません。ファインダーを覗くにはそれなりの高さの台が必要です。

f:id:arcaswiss:20170822191739j:plain

また長所は高さだけではありません。この軽さからは想像できない程、強靭です。

f:id:arcaswiss:20170822195747j:plain

この通り、子どもがぶら下がって遊んでもビクともしません。

取り付ける雲台はアルカスイスZ1+やKIRK BH-1、Really Right Stuff BH-55クラスがちょうど良いと思います。アルカスイスd4ギア雲台も良く似合います。

f:id:arcaswiss:20170822192028j:plain

総合的に見てGitzoよりオススメか?とよく聞かれるのですが、完成度ではGitzoに敵いません。しかしこれほど所有欲を満たしてくれる製品もなかなか無いと思うのも事実です。買って後悔したことは一度もないくらい、良く出来た三脚です。Gitzoと比べる事はできませんが、これはこれでめちゃくちゃオススメです。

 

blogs.yahoo.co.jp

blogs.yahoo.co.jp

 

以下、ギャラリーです。

f:id:arcaswiss:20170822193225j:plain

f:id:arcaswiss:20170822193246j:plain

f:id:arcaswiss:20170822193256j:plain

f:id:arcaswiss:20170822193312j:plain