読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アルカスイス P1 / ARCA-SWISS P1

ARCA-SWISS

今回はアルカスイスP1を詳しくリサーチしたいと思います。P1はアルカスイス社のPシリーズの中の上位モデルです。ロックノブがリング式で、自由雲台でありながら特殊な形状が特徴です。

 

blogs.yahoo.co.jp

 

P0よりもずんぐりとした形状です。胴体部分のリングを回すことで、ロックできる中型の自由雲台です。どの方向からでも同じように操作でき、クランプ直下にパノラマプレートを装備しているので、簡単に水平方向のパンニングが可能です。 

f:id:arcaswiss:20161222181234j:plain

アスフェリカルボールによりカメラの急激な落下を防ぎます。操作感が非常に滑らかで、スムーズにコントロールできます。三脚取り付け部は3/8”太ネジ。耐荷重は30kg。

f:id:arcaswiss:20161222181919j:plain

P0との大きさの比較です。ボールはかなり大きいですが、全高はP0よりも低い72mm。重さは500gとそこそこ軽量です。メーカー発表の耐荷重は30kgで大型カメラや望遠レンズに対応しています。

f:id:arcaswiss:20161222181321j:plain

下の方に「+ -」の記載がある部分がフリクションコントロールダイアルです。P0には非搭載でしたので嬉しい機能です。

f:id:arcaswiss:20161222181335j:plain

フリクションコントロールはc1CUBEと似たような構造で、Z1のように固定位置を決めるのではなく、直接ボールに負荷をかける仕組みです。そのため目一杯締めてもガチガチに止まる事はありません。3kg程度までの機材であれば十分に機能します。

f:id:arcaswiss:20161222182557j:plain

残念なのは最大で20度までしか傾かない事。この20度という制約は予想以上につらいものです。せめて45度程度まで傾いてくれれば、もう少し使い道があったのにと、悔やまれる製品でした。