KIRK BH-3

今回はカーク KIRK BH-3 を詳しくリサーチしたいと思います。BH-3はKIRK Enterprise Solutions(KES)社の雲台の中でもっとも小型軽量モデルです。非常にシンプルなデザインが特徴で、クランプのプレート設置面のロゴ以外、KIRKと分かる部分は見当たりません。

 

blogs.yahoo.co.jp

 

自由雲台の長所・短所について詳しく知りたい方は、まずはこちらをお読み下さい。

blogs.yahoo.co.jp

f:id:arcaswiss:20160627133351j:plain

重量は550g、高さは105mm。小型軽量とは言えボール径は42mmあり、中量級のデジタル一眼レフを支えるには必要十分。ベースサイズは61mmでGitzoの2型トラベラーに丁度良い大きさの雲台として、重宝しています。このサイズにしては大きな(30mm)ロックノブは非常に操作しやすく好感が持てます。クランプは1.75インチ(約41mm)と小さめです。クランプ付属の水準器は可も無く不可も無くと言った感度と精度。クランプはアルカスイス・ウインバリー・Really Right Stuff など、全ての「アルカスイス・スタイル」プレートをホールド可能です。

blogs.yahoo.co.jp

パンロックは若干頼りない感じで、締めたつもりでも緩んでしまうことがあります。またロックノブの反対側にあるフリクションコントロールノブと形状がよく似ているため、誤って操作してしまうことがあります。フリクションコントロールの調整も微妙な位置合わせが必要で、ちょっと当たっただけで調整し直さなければならず、ここが面倒なところです。

f:id:arcaswiss:20160627135203j:plain

このように熱収縮チューブを使って固定して使うことで、移動運搬時に調整が狂うことがなくなります。

 

耐荷重は6.75kgということですので実際に耐荷重テストをしてみました。

f:id:arcaswiss:20160627135350j:plain

 

 

ダンベルを使ってボールが動くまで重りを増やしていきました。現実にはこのようなアンバランスな機材はないと思いますので、かなり厳しい条件となっています。それでも全体で7kg以上ありますので、メーカー発表値よりも実際の最大耐荷重は大きいようです。ただし快適に使用できる耐荷重は3.5kg程度までと考えておいた方が良いでしょう。

 

KIRKはスタジオJinが国内販売店となっています。価格は税込43092円。

atelierjin.com

同じようなスペックの製品としてはReally Right StuffのBH−40やアルカスイスP0などがありますので、それらと比較検討しても良いと思います。

arcaswiss.hatenablog.com

blogs.yahoo.co.jp

 

 

元記事

blogs.yahoo.co.jp